人気ブログランキング | 話題のタグを見る

dance in the world

▲山日記▲(vol.7 入道ヶ岳)

▲山日記▲(vol.7 入道ヶ岳)_d0052831_2023741.jpg
▲山日記▲(vol.7 入道ヶ岳)_d0052831_20233219.jpg
▲山日記▲(vol.7 入道ヶ岳)_d0052831_20242172.jpg
▲山日記▲(vol.7 入道ヶ岳)_d0052831_20245891.jpg
▲山日記▲(vol.7 入道ヶ岳)_d0052831_20252629.jpg
▲山日記▲(vol.7 入道ヶ岳)_d0052831_20255727.jpg
▲山日記▲(vol.7 入道ヶ岳)_d0052831_20295815.jpg
▲山日記▲(vol.7 入道ヶ岳)_d0052831_20301436.jpg
▲山日記▲(vol.7 入道ヶ岳)_d0052831_20302820.jpg
▲山日記▲(vol.7 入道ヶ岳)_d0052831_20303961.jpg
▲山日記▲(vol.7 入道ヶ岳)_d0052831_20305654.jpg
▲山日記▲(vol.7 入道ヶ岳)_d0052831_2031746.jpg
▲山日記▲(vol.7 入道ヶ岳)_d0052831_20312513.jpg
▲山日記▲(vol.7 入道ヶ岳)_d0052831_20314212.jpg


白霧の中を手探りで進む、静寂のハイク。
薄く目隠しをされたような不安は期待と裏腹。
晴れた日だけが山の魅力じゃないということを感じました。
そんな良き日に感謝。
# by eriiiiik | 2011-11-05 20:47

▲山日記▲(vol.6 藤原岳)

まだ寒さの残る4月上旬、残雪の藤原岳に行ってきました。
「福寿草を見る」と「残雪の山を歩く」が今回の山行のテーマ。
軽アイゼンを買って冬のようにもこもこダウンを着込んで、いざ。

▲山日記▲(vol.6 藤原岳)_d0052831_23444143.jpg

▲山日記▲(vol.6 藤原岳)_d0052831_2345164.jpg

持参した2010年の山岳地図を見ると聖宝寺側のルートは通れないようだったので
今回は念のため大貝戸道のルートを選びました。
▲山日記▲(vol.6 藤原岳)_d0052831_23471848.jpg

鳥居をくぐって登山スタート。
寝坊のため最寄の西藤原駅に着いたのが10:00と遅かったため
「え、今から登るの?大丈夫?」と駅員さんに声をかけられ、
「大丈夫です、15時までには下りますから」と言いつつも
天気の悪さと相まって浮かない顔つきのわたくし。
山は好きだけど早起きが苦手って致命的ですよね。。
▲山日記▲(vol.6 藤原岳)_d0052831_2350441.jpg

▲山日記▲(vol.6 藤原岳)_d0052831_23514167.jpg

▲山日記▲(vol.6 藤原岳)_d0052831_2354238.jpg

▲山日記▲(vol.6 藤原岳)_d0052831_23545978.jpg

最初は展望のない林の中をずんずん進みます。
時間が時間なだけに私たち以外、登山者は人っ子ひとりおらず。
日も差しておらず、少し怖くなるぐらいの静寂。
▲山日記▲(vol.6 藤原岳)_d0052831_23553357.jpg

▲山日記▲(vol.6 藤原岳)_d0052831_23555337.jpg

▲山日記▲(vol.6 藤原岳)_d0052831_2356266.jpg

▲山日記▲(vol.6 藤原岳)_d0052831_23571393.jpg

8合目手前で道がどろどろしてきたなぁと思ったら、ついに雪が。
ここでようやく軽アイゼンの出番。
初めての軽アイゼンでの歩行、いつか見た映像を思い出しつつキックステップをかまします。
しゃくっしゃくっと足が雪にめり込む感触、気持ちいい!
特に斜面では雪道を普通に歩くのとは格段に歩きやすさが違うことがわかり、
先人の知恵に敬意を払いながら大喜びで走り登りました。
あまりの興奮に急な斜面へどんどん突撃、途中で道をロストして引き返したことも記しておきます・笑
▲山日記▲(vol.6 藤原岳)_d0052831_054380.jpg

▲山日記▲(vol.6 藤原岳)_d0052831_06322.jpg

次第に、足元はごろごろとした小石の転がるちょっとしたガレ場に変わります。
その斜面にぽつぽつと点在する黄色のつぼみ、これが福寿草でした。
あたりを見回すとあちらこちらに!
今年はちょっと開花が遅れているようで咲いている姿は拝めなかったけれど、
小さいながらも凛として可愛らしい花でした。
ちなみに福寿草の花言葉は“永久の幸福、思い出、幸福を招く、祝福”など。
しかしそんな美しい花言葉とは裏腹に強い毒性があり、食べた方が中毒を起こす事例もあるそう。
山の花を摘む人はいないと思うけれど、ご注意あれ!
▲山日記▲(vol.6 藤原岳)_d0052831_0144051.jpg

▲山日記▲(vol.6 藤原岳)_d0052831_014579.jpg

頂上の手前は眺望がよく、市街地がよく見渡せました。
曇っているのが残念だったけどお天気の日は気持ちいいんだろうな~。
▲山日記▲(vol.6 藤原岳)_d0052831_0161166.jpg

▲山日記▲(vol.6 藤原岳)_d0052831_0165596.jpg

2時間半ほどで藤原山荘(避難小屋)に到着。
流石にここまで登ってくると他の登山客も多く小屋の中は満員だったので、
屋外のベンチでランチの棒ラーメンの調理をはじめます。
▲山日記▲(vol.6 藤原岳)_d0052831_019526.jpg

▲山日記▲(vol.6 藤原岳)_d0052831_0415880.jpg

その間に赤ワインいただき!山ではやっぱこれっしょ。
▲山日記▲(vol.6 藤原岳)_d0052831_020654.jpg

▲山日記▲(vol.6 藤原岳)_d0052831_0202589.jpg

そんなこんなで野菜入りの豚骨ラーメン、一丁あがり!
寒空の下で食べるラーメンは空きっ腹にしみます...
▲山日記▲(vol.6 藤原岳)_d0052831_0212430.jpg

あと山では忘れちゃいけない、味つきたまご!これ最強!
▲山日記▲(vol.6 藤原岳)_d0052831_0221379.jpg

そしてこれまた山には欠かせないあんぱんを喰らうわたくし。
▲山日記▲(vol.6 藤原岳)_d0052831_023389.jpg

▲山日記▲(vol.6 藤原岳)_d0052831_0232791.jpg

小屋付近からは藤原岳の展望丘がよく見えます。
歩いて20~30分ぐらいでしょうか。
ただこの日はスタートが遅かったうえランチに時間を使ってしまったため、
ここから先には行かず大人しく下山することにしました。
また来るぜ!って言葉を置き土産に。
▲山日記▲(vol.6 藤原岳)_d0052831_026848.jpg

▲山日記▲(vol.6 藤原岳)_d0052831_0264419.jpg

▲山日記▲(vol.6 藤原岳)_d0052831_0271631.jpg

そのリベンジは今月、天気がよければ来週末にでも行ってきます。
今度は展望丘と天狗岩まで足を伸ばして。
▲山日記▲(vol.6 藤原岳)_d0052831_0293964.jpg

最後に微笑ましい1枚。
私もこのふたりのように年を重ねても仲睦まじく登山をしていきたいなぁと
ぼんやりながらも強い決意をしたのでありました。
難しい山でも、高い山でなくてもいいんです。
一緒に同じ道を息を吐いて歩いて、同じ景色に声をあげて、目標を達成すること。
その積み重ねが日々を豊かにし、また夫婦の結束を強くしてくれるはず。

私たちの旅はまだまだ始まったばかり。
これからも少しずつゆっくりと、歩いていきたいと思います。
# by eriiiiik | 2011-10-20 00:35

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~

東へ遊びに行ってきました

:::

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_23115039.jpg

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_23121249.jpg

まずはいざ鎌倉。参道から1本入った小道の隠れ家風レストランでパスタランチ
夜はワインバーになるそうな

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_23153897.jpg

ふらふら歩いていたお店の玄関先にディスプレイされてたコートに一目惚れ!
sally scottのコートも頭からふっとんで、こちらにくびったけのワタクシ

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_23175882.jpg

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_23181661.jpg

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_23194628.jpg

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_23225879.jpg

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_23232569.jpg

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_2326660.jpg

新旧の建築物がバランスよく共存し、細部にまで味わいのある街

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_23215045.jpg

なかよしこよし

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_23221327.jpg

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_23223181.jpg

次回はここでゆっくりお酒を嗜みたいです

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_23244069.jpg

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_232532.jpg

うみたん、かわゆす!

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_23254337.jpg

こけしとマトリョーシカの専門店というニッチにはたまんないお店、コケーシカにて
これ以上こけしを家に増やさないという約束を守ってお財布の紐きっちり締めました
えらいぞ自分!

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_23274930.jpg

鎌倉に来たら江ノ電に乗らないのはモグリでしょ、ということで
うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_23283439.jpg

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_2333161.jpg

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_23285411.jpg

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_2332476.jpg

床が木でできている300系。今は1両のみ。1/12の確率を潜り抜け、偶然乗れました!
今は防災上このような電車は作れないので、最期の1両が壊れてしまったら、
もう今後このような素敵な電車が走ることはないそうです
悲しすぎる...

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_23333440.jpg

江ノ島駅にとーちゃく!
うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_2334671.jpg

えのでんハウスで記念撮影!
うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_2336676.jpg

このB級感がたまりません

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_23364324.jpg

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_23365924.jpg

念願の埜庵で葡萄のかき氷を嗜む夕暮れ

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_23383292.jpg

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_2339232.jpg

桜木町に戻り、こちらも念願の飲み屋街、野毛へ
うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_23394276.jpg

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_2340568.jpg

この通りの写真を一目見た時から、ずっとずっと訪れたかった場所

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_234103.jpg

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_23411864.jpg

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_23413941.jpg

まずは一軒目で乾杯。おからコロッケが美味しいお店でした。
うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_23424169.jpg

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_23425781.jpg

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_2358175.jpg

立ち飲み屋さんではしご酒!
深夜食堂のようなメニューに萌え~

:::

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_23442750.jpg

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_2345442.jpg

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_2346744.jpg

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_23465613.jpg

翌日は港の見えるカフェレストランでロハスランチ
うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_2347219.jpg

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_23474033.jpg

おいしゅうございました
うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_2348745.jpg

歴史を感じる古いビルの2階にあります

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_23484394.jpg

うみべの女の子~鎌倉・横浜ものがたり~_d0052831_2349438.jpg

最期におまけショットwithカスタムくん
めちゃ嬉しそうでにやにやしてます
ちなみにここは税関資料館というコアスポット
ブランドの偽者を見分ける審美眼が身につきます

:::

みにゃさん、えみねむさん、にこさん、お世話になりました!
またいつか乙女ツアー第2弾ぜひぜひよろしくおねがいします

でーは
# by eriiiiik | 2011-10-11 23:51

▲山日記▲(vol.5 入笠山)

やっとやっと、ぼちぼち溜まりまくっている山日記を再開します。
まずは2011年の幕開けを迎えた山、入笠山について。



記憶を辿ると、たしか2010年の年末はとてもお天気が悪く、
この山行もぎりぎりまで8割方中止かな~と思っていました。
しかし、出発日である大晦日になり、なんとか持ち直しそうということで、
JRの在来線でゆるゆると小淵沢へと向かったわけです。

▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_22464343.jpg

▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_22465621.jpg

塩尻駅で乗り換えの際は必ずここで蕎麦を食します。
あとキオスクでコップ付きの赤ワインを購入。これ常考。

▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_22484419.jpg

車窓からもダイナミックな山々が楽しめるのは、さすが長野。
塩尻で買ったワインをちびちびやりつつの鈍行列車の旅は最高!

▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_22504551.jpg

▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_22505613.jpg

とうちゃーく!
完全に晴れてます。おっしゃ。
実は私、山に関しては結構な晴れ女。
雨に降られたことはほぼ皆無だったりします。
日頃の...ではなく、天気の悪そうな日は中止や延期するだけなんだけどね。

そんなこんなで小淵沢駅の改札を出ると、すぐに目の前にばばーんと八ヶ岳様!
▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_22533522.jpg


小淵沢駅周辺、いい味出してました。
▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_22551722.jpg

▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_22553281.jpg

そして、もちろん氷が張るくらいに寒いのよ。
▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_233333.jpg


どこに行ってもそうだけど、夕暮れ時というのは、
その街の本質というか、飾り気の無い素顔を見せてくれる気がします。
生活への愛おしさが一番高まる瞬間。大好きです。
▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_2301682.jpg

▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_2303427.jpg

▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_2305586.jpg


大晦日を過ごしたのは、小さなペンション。
「今日は特別だよ」とオーナー、なんと日本酒や焼酎やワインが飲み放題!
明日一緒に入笠山へ登る皆さん+ガイドさんも交えて日を跨ぐまで酒盛りしました。
▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_23617.jpg

忘れちゃいけない、年越しそばもね。
▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_2364561.jpg


いい具合に酔っ払った私、4時45分の集合時間に間に合うのだろうかと不安に駆られながら就寝。
・・・のはずが、しかし、ちっとも眠れません。
外が台風のようにごうごうと唸りをあげ、窓はびりびり。
この強風、翌日聞いたところによると「八ヶ岳おろし」と言うそうな。
ほら、タイガースの「六甲おろし」の兄弟的な、ね。
にしても、耳栓欲しいぐらいのすんごい音だったけど、慣れちゃうものなのかねぇ。



▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_23114762.jpg

朝です、といってもまだまだ外は真っ暗な時間に起床し、集合。
車で富士見パノラマリゾートというスキー場に向かいました。
ここからゴンドラに乗って登山口のある山頂駅へ。

気温は氷点下10℃ほど。
写真を撮ろうと思っても「カメラいかれますよ」ということで、
出しては仕舞い、出しては仕舞い、の連続。なかなかに大変です。
携帯もホッカイロにくるんで肌の近くに。

山頂駅付近には、私たちと同じように、初日の出を待つ人でいっぱい。
白い息を吐きながら、今か今かとその時を待ちます。
だんだんと、稜線近くが赤く、染まって。
▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_23191668.jpg


そして遂に...
▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_23282997.jpg

▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_23185594.jpg

▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_2319467.jpg

▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_232091.jpg

▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_23203027.jpg


八ヶ岳と富士山の合間から顔を出した太陽は、まさに「神々しい」の一言に尽きました。
実は私、日の出というものを見るのが生まれて初めてだったので、
こんなに厳かな気持ちになるものとは思っていなくて、胸がはちきれそうでした。

陽が顔を出し、ぐんぐんと天に向かって登るにつれ、自然と零れ落ちる溜息と、湧き出る歓声。
フェスに行ったときもそうだけど、その場に居合わせた人だけが目にし耳にできるものの共有。
このかけがえのない時間は、私の価値観を揺るがし、何よりも心を揺さぶってくれます。
「この世界は完璧だ」と、素面で真面目にそう思いこんで仕舞える、特別な瞬間。

▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_23263732.jpg

▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_23315089.jpg

▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_23471216.jpg

▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_23473499.jpg


無事ご来光を拝んだあとの朝食は、これまた贅沢に雪上でのチョコレートフォンデュ。
▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_23311879.jpg

▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_2331344.jpg

意外にも、じゃがりこが凄くチョコレートにマッチして美味しかったです。
果物は凍ってました・笑



腹ごしらえができたところで、スノーシューを足につけていざ登山スタート!
このスノーシューというのはかんじきのようなものなんですが、
かんじきと大きく違うのは「バック歩行」ができないこと。
蟹が横にしか歩けないように、前にしか歩けないんです。
▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_2334355.jpg


最初はおそるおそるだったけど、慣れるととっても楽しい!
誰の踏み跡もない、ふわっふわっのパウダースノーの上を歩く楽しさったら!

そしてこの入笠山は、湿原があり、夏は水が張る池の上を冬には歩くことができます。
白銀の森の中を歩いていると、体調が悪かったことも、日々のストレスもどこ吹く風。
ただひたすらに「ここに居る」ということが有り難く、幸せな気持ちになれました。
▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_2340352.jpg

▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_23401974.jpg

▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_23403828.jpg

▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_2341336.jpg

▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_23414624.jpg

▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_23462454.jpg


途中、広々とした場所に出て、そこには1本の大きな木が。
▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_23422392.jpg

2人で手を回してやっと一周するぐらいの太い太い幹。
▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_234301.jpg

▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_23432312.jpg

▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_23434221.jpg


ここではそり滑りというか、尻セードというか、坂を猛スピードで滑り降りる遊びや、
北欧の子どもたちの冬の遊びだというエンジェルごっこも。
▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_23455023.jpg

▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_2348243.jpg

▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_23482437.jpg

▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_23484024.jpg

ちゃんと悪魔ではなく天使に見えるかな?見えるよね?笑



ひとしきり雪と戯れたあとは、雪上ランチ。
▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_23503444.jpg

ガイドさんが木の下につくってくれたテラスで、パンとミネストローネを。
寒い時の温かいスープって何よりのご馳走!
▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_2352038.jpg

▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_23521978.jpg


そして食後はやっぱデザートでしょ、ってことで近くの山荘へ移動。
▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_23533790.jpg

その名も「マナスル山荘」なんといい名前~。
▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_23541742.jpg

▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_23543691.jpg

▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_23545583.jpg

▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_23551516.jpg

そして頂いたのが、このきな粉餅!絶品!
▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_2356826.jpg

表面はぱりっとしてて、中はとろっとしてて...
上手く伝えられないんだけど、美味しいんです、とにかく。
入笠山へ行かれた際はぜひご賞味下さい。期待は裏切らないと思います。



▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_23581223.jpg

▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_23583320.jpg

▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_2359614.jpg

あと、入笠山にはこんなにモダンで素敵な山小屋も!大好きな一面ガラス張り!
機会があったらぜひ泊まってみたいと思っています。

そんなこんなで、頂上へは足を運ばなかったものの、
半日ほどの山遊びを存分に楽しんできました。
夏山も好きだけど、冬山もやっぱりいい!
本格的な雪山デビューにはもちろん憧れるけど、
今の私にはまだこれぐらいが丁度いいかな~。そんな1日でした。
今年もぜひどこかの雪山に遊びに行きたいです。
興味を持ったという人がいましたら、是非、ご一緒に。

▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_04222.jpg

▲山日記▲(vol.5 入笠山)_d0052831_042255.jpg

ではでは、こんなところで。
# by eriiiiik | 2011-10-06 00:04

KYOTO 0923-0924

京都に行ってきました。

1日目は今回で3回目の参加となる京都音楽博覧会へ。
高速バスの遅延により、小田和正は見れなかったけれど、
フジファブリックからはばっちり見ましたぜ。
紙パックのワインをちゅーちゅー吸いつつほろ酔いでいい気分。
すごく行列に並んで横手焼きそばも食べたけど、
普通の焼きそばとあんまり変わらないね、っていう残念な感想を言いあいました。
本場・横手で食べたやつが断然美味しかったので。。って当たり前か。

KYOTO 0923-0924_d0052831_108313.jpg

KYOTO 0923-0924_d0052831_10122822.jpg


で、フェスに来るとやっぱビールじゃないですか。
しかし音博の屋台ってお酒を売ってないんです。
これまでもそうだったような気はしてたものの記憶が曖昧だったので、
どこかにはあるんじゃないか?って目を血走らせて探していた私。
(それで10-FEETも観れませんでした・笑)
公園内のレストランが臨時で生ビールを売っていることを突き止めた!

KYOTO 0923-0924_d0052831_10163479.jpg


ここも大行列でした。
お陰で生ビール2杯をGETして、到着後1時間半後位になってやっとライブ会場内へ。
ゆるゆるお酒飲んでチーズ食べて、のどかな時間を過ごしました。

大トリのくるりは飽き性の私にしては珍しく中学生の頃からずっと好きなバンドなんだけど、
しかしここ数年はアルバムはじめ楽曲が自分の中であまりしっくりこず
ライブもずっとご無沙汰だったのですが、アコースティック+オケ風味のセットも
それはそれで味わい深くて夕暮れ~夜にぴったりはまってて良かったです。

奇跡からスタートってのは意外&ずるいなぁと思わされ、
ブレーメン、宿はなし、京都の大学生、リバーがぐっときました。
ただ個人的には、エレキギターぎゅいんぎゅいんの
図鑑のようなライブをもう一度観てみたいっていうのが本音かなぁ。。
最近の楽曲の傾向を見ると仕方がないんだけどね。。


で、夜は西木屋町で弟と落ち合って、アジェで焼肉。
見たこと無い部位が非常に沢山メニューにあって、生ユッケも食べれて満足しました。

はしご酒はアジェ上階の昭和の香り漂うアパートの一室で。
トキ小箱カプセルっていうバーだったんだけど、
チャージなし、お酒もビール500円、ワイン600円~とかでお安かったです。
小皿でちょっとつまめるものも充実してたので、2軒目におすすめ。
隠れ家的な感じで、まったりだらだらと喋るのにぴったり!

ちなみにこのアパートには、ほかにもバーが入ってて気になりました。
美松会館というすごく趣ある建物で、店内の様子がまったくわからんので、
最初はドアを開けるのが結構ためらわれるかもしれませんが、ぜひ。

***

2日目は10時チェックアウトのところ10時半に起床という大失態、、
非常に寛大なゲストハウスで助かりました。ごめんなさい。
化粧もそこそこに出て、近くのSobaCafe.さらざんでブランチ。
ガレット&シードル大好きなので最高でした。
烏丸五条の駅を少し西に入った静かな通りにあって落ち着けるのもGOOD。

お腹を満たした後は、本日のメインディッシュとも言うべき、大文字山へ。

KYOTO 0923-0924_d0052831_10452932.jpg

KYOTO 0923-0924_d0052831_10454462.jpg

KYOTO 0923-0924_d0052831_10462636.jpg


銀閣寺前のバス停で下車、銀閣寺方面にずんずん歩き、門前の真ん前で左折。
少し歩くとすぐに登山口が現れます。
賑やかしい参道から一本逸れただけだとは思えない静けさで、3連休の京都にいるとは思えない場所でした。

KYOTO 0923-0924_d0052831_10504924.jpg


登山道は途中の長い石段がちょっとしんどかったですが、あとはブーツだった私も楽々。
40分ほどで大文字焼きの「大」の火床を見下ろす開けた場所に出ます。

KYOTO 0923-0924_d0052831_10515089.jpg

こちらは右払いにあたる火床の連なり。

KYOTO 0923-0924_d0052831_10524988.jpg


この眺め!爽快!

KYOTO 0923-0924_d0052831_10531998.jpg

KYOTO 0923-0924_d0052831_10533523.jpg


ちなみに火床では、京大生が焼肉をするという噂も...
(森見さんの小説を好んでいる人はにやりでしょ?)

KYOTO 0923-0924_d0052831_1124337.jpg


下山はさくっと15分。
水分を持って登らなかったので喉はカラカラ、汗はだくだく。
門前前のお茶屋さんで涼を取ることに。

KYOTO 0923-0924_d0052831_1134149.jpg

KYOTO 0923-0924_d0052831_1135742.jpg


お店でかき氷食べるのって今年初めてどころか7~8年ぶり。
氷が細かくてふわふわで美味しかった!


京都駅に移動したあとは、ずーっと気になって仕方が無かった、へんこつへ。
ぐつぐつ煮立つ赤味噌おでんの大鍋の奥深くにお玉をぶっこみ
沈殿しているすじやホルモンやはたまた筍や芋や豆腐やがごちゃまぜになった部分を掬う、
サルベージ=通称:底(と注文する)680円が名物で他にメニューは単品のおでんと生レバーと漬物という
非常に潔く無骨なお店なのです。

なみなみの1杯300円ほどというコップ酒と底と漬物というこの完璧な三位一体!
せせりに続き、京都の夜はここは行かねばという飲み屋がまた1つ増えました。
駅近なので、帰りギリギリまで飲めるっていうのもポイント高い。
しかしネットに書いてあったように17時の開店とともにすぐに席が埋まってしまうので
もし行かれるという奇特な(?)方がおられましたら、そこだけ要注意。
私たちも10分前からスタンバイしてましたが、入店してすぐに満席でした。

KYOTO 0923-0924_d0052831_11375796.jpg


で、〆は京都タワー。
何十回と来てる京都だけど、実は登るのは初めて。
MOTOKOさんの写真展「くるりの京都」も拝見しました。
たわわちゃんには会えなかったけど。
あぁ、あと手相占いもしました。
ふたりともとても当たってて侮れぬべし。

KYOTO 0923-0924_d0052831_11411362.jpg

KYOTO 0923-0924_d0052831_11412670.jpg


熱燗を飲んですぐだったので脈拍がw

そんなこんなで久しぶりに観光らしい観光をし、新規開拓にも成功した今回の旅。
駅ナカのお土産屋さんでお菓子を買い込み、帰宅の途に着きました。

KYOTO 0923-0924_d0052831_11402416.jpg


ありがとう京都。また近いうちに!

KYOTO 0923-0924_d0052831_11431144.jpg

# by eriiiiik | 2011-09-25 11:44